売上高の2割、新事業で 沖縄セルラー電話・湯浅社長に聞く

2017/3/7 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2017年3月期に5期連続の増収営業増益を見込む沖縄セルラー電話。本業が好調な中、数年前から新規事業にも力を注ぐ。柱となるのは野菜工場などの農業とネット通販事業だ。地元沖縄への貢献のために始めた事業だが、湯浅英雄社長(61)によると、種まき・育成期を終え「今年度からその成果が出る」までに成長してきた。

――農業事業として、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」を活用した家庭向け野菜栽培キットを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]