/

この記事は会員限定です

「大川家具」海外へ攻勢 グラミー賞会場に茶室

[有料会員限定]

「大川家具」など福岡県大川市の伝統的なインテリア産業が海外への攻勢を強めている。市は2月、海外セレブ層から関心を集めようと、米国音楽界で最大の栄誉とされる「グラミー賞」のラウンジにくぎを使わない建具の伝統技術を用いた茶室を出展。家具メーカーの組合も今年、合同展示会に初めて海外からバイヤーを招いた。国内市場が縮小する中、海外に活路を探っている。

「とてもすてきな空間だ。くぎを使わないで組み立てられる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1111文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン