ティア、会社説明会にVR活用 葬儀会場リアルに案内

2017/3/7 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

葬祭サービスのティアは3月に始まった新卒採用活動で、VR(仮想現実)端末を初めて導入した。会社説明会で参加者が端末を装着すると、本社や葬儀会館の映像が360度で表示され、現場に入り込んだような感覚が体験できる。普段は見る機会が少ない葬儀会館や職場の様子などを伝え、人材獲得につなげたい考えだ。

名古屋市内で6日に行った会社説明会では、ゴーグル型の専用機器などをつけた約15人の参加者が、約3分間と約…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]