/

この記事は会員限定です

日本の医療技術、海外へ普及急ぐ アジア感染症会議が閉幕

[有料会員限定]

アジアやアフリカなどを中心に世界で脅威となっている感染症対策を話し合う第4回日経アジア感染症会議(主催・日本経済新聞社)が3~4日、那覇市で開かれた。従来の治療薬が効かなくなった結核などの多剤耐性菌や、マラリア、エボラ出血熱などを例に挙げ、日本発の医療技術を海外に普及させる取り組みを急ぐ重要性で一致した。

会議では、産官学が連携をいっそう深めるとする声明を採択した。海外の医療現場が抱える課題を洗い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り367文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン