日本IBM社長にキーナン氏 クラウド・AIで変革提案

2017/3/2 0:20
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本IBMは4月1日付でポール与那嶺社長(59)が退任し、後任に米IBMでゼネラル・マネージャーを務めるエリー・キーナン氏(52)を迎え入れる。IBM一筋30年のキーナン氏が託されたのは日本IBMを再び成長軌道に乗せること。自らが精通するクラウドや人工知能(AI)を日本企業に提案し、業務変革を引き起こす。

2016年10~12月期で19四半期連続の減収となった米IBM。年間ベースでは5年連続のマ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]