/

この記事は会員限定です

Iotセキュリティー規格作成へ協議会 大日本印刷など11社

[有料会員限定]

大日本印刷NTTデータなど11社が、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」分野で新たな協議会を3月1日に発足させる。必要なソフトや通信、サービスの安全性がわかるセキュリティーの規格づくりを進める。これまでは各社バラバラだったが、統一できれば企業がIoTを導入する際に比較などがしやすくなるとしている。

新組織「セキュアIoTアライアンス」はほかに積水ハウスやセキュリティー機器開発のセルテック(東京・渋谷、江川将偉社長)、日本ユニシスビックカメラなど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り311文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン