2018年1月23日(火)

IoT身近に活用 ブドウ栽培・役場の人員適正配置・見守り…

2017/2/28 6:32
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 あらゆるモノがネットにつながる「IoT」が北陸3県に広がりつつある。センサーやカメラを使って、高級ブドウの栽培を効率化したり役場や観光施設の人員を適正配置したりする。少子高齢化が進むなか、少ない人手でも効率よく作業するツールとして期待が高まっている。

 色や糖度、粒の直径や重さなどで厳格な規格が決められている高級ブドウ「ルビーロマン」。石川県加賀市はその栽培にIoTを使う。規格を満たせば1房数千円…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!初割のお申し込みは1月31日まで!

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報