/

この記事は会員限定です

IoT身近に活用 ブドウ栽培・役場の人員適正配置・見守り…

[有料会員限定]

あらゆるモノがネットにつながる「IoT」が北陸3県に広がりつつある。センサーやカメラを使って、高級ブドウの栽培を効率化したり役場や観光施設の人員を適正配置したりする。少子高齢化が進むなか、少ない人手でも効率よく作業するツールとして期待が高まっている。

色や糖度、粒の直径や重さなどで厳格な規格が決められている高級ブドウ「ルビーロマン」。石川県加賀市はその栽培にIoTを使う。規格を満たせば1房数千円か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1188文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン