/

この記事は会員限定です

がん治療 遺伝情報共有 京大など、データ集約

患者別の「最適」探る

[有料会員限定]

京都大学や北海道大学など全国6大学の付属病院は、がん患者一人ひとりの遺伝情報をもとに最適な治療法を探る「個別化医療」を2019年度にも始める。がんに関わる200種類以上の遺伝子の変化と投薬歴や治療効果をまとめたデータベースをつくり、精度の高い診断や効果的な治療につなげる。

日本人の2人に1人が一生のうちにがんを患うとされ、同じ薬でも効き目が違う患者が知られ始めた。がんの種類ごとに標準の薬などが決ま...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1167文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン