/

この記事は会員限定です

AIが発注・ロボが陳列 産総研、コンビニ向けにシステム

[有料会員限定]

産業技術総合研究所は、人工知能(AI)とロボットを駆使したコンビニエンスストア向けのシステムを開発する。AIが購買履歴から売れ筋商品を発注して管理し、商品の補充や陳列棚への配置などの作業をロボットが担う。コンビニ業界の人手不足の解消につなげる。

2018年までに模擬店舗や必要な設備を産総研の人工知能研究センター(東京・江東)に整備して実証実験する。改良を進めて20年の東京五輪で披露する計画だ。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り215文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン