2018年12月12日(水)

東北沿岸、地震で沈んだ地盤が謎の隆起
マントル影響か

2017/2/27 0:38
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東日本大震災からもうすぐ6年。東北地方の太平洋側の一部で、沈んだ地盤の隆起が続いている。従来の地震学では説明しきれず、地下の奥深くにあるマントルの関与が取り沙汰されている。マントルにかかっていた力が地震によって変わり、ゆっくりと地盤を押し上げているという。巨大地震後の地盤の変動は謎が多く、研究者らはその影響の解明を急いでいる。

宮城県北東部の牡鹿半島の漁港で、岸壁がじわじわと上昇している。国土地…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報