場当たり改革、介護保険に影 財源・人不足

2017/2/26 1:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人口の高齢化に伴って深刻化しつつあった介護問題。2000年、ここに救世主として介護保険制度が登場した。しかし時間の経過とともに保険料負担は重くなり、一方で介護人材不足がサービスに影を落とし始めた。さらに高齢化が進むこの先も制度を維持していくために必要なものは何なのか。制度誕生前夜から振り返り考えてみたい。(編集委員 山口聡)

「介護は嫁の仕事なのだから、そんな制度つくるより嫁たちをリフレッシュ旅…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]