/

この記事は会員限定です

キリン、全紙類を森林認証対応に 20年までに

[有料会員限定]

キリンホールディングスは傘下の国内事業会社で使う紙類を全て国際的な森林認証である「FSC認証」に対応する。ビールなどの包装に使う箱や飲料の紙パック、カタログや社内での書類などを全て2020年までに転換する。調達先の紙類や資材メーカーにも対応を求める。

森林認証は木材の生産の過程で違法な森林の伐採などがされていないかを証明する制度。FSCは国際的に有力な認証制度で欧州などは採用している国が多い。

キリンビールやキリンビバ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り247文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン