/

この記事は会員限定です

ドトール、中国本土進出 地元外食大手と合弁

[有料会員限定]

コーヒー店などを展開するドトール・日レスホールディングスは中国本土に進出する。中国の外食大手「小南国」と組み、合弁会社を設立する。中国では倹約令の下、消費が低価格化しており、値ごろ感のある「ドトールコーヒーショップ」を展開する好機と判断した。地元資本のノウハウを生かし、早ければ2018年2月期中に第1号店を出店する。

ドトル日レスは国内最大手のコーヒー店で、「ドトールコーヒーショップ」「エクセルシ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り338文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン