バンク・オブ・アメリカ、東証に上場廃止申請 3月下旬に

2017/2/25 0:04
共有
保存
印刷
その他

 バンク・オブ・アメリカ・コーポレーションは24日、3月下旬に東京証券取引所に普通株式の上場廃止を申請すると発表した。取引が少ないためで、日本語での開示資料の作成業務や年間上場料なども負担だったとみられる。5月上旬をメドに上場廃止となる予定。知名度アップや資金調達など上場のメリットが薄れたとして外国企業の東証からの退場が相次ぐ。

 バンク・オブ・アメリカが東証に上場したのは1998年9月だった。東証に上場する外国企業はピーク時の1991年には127社あったが、現在は同社を含めても6社にとどまる。バブル経済崩壊や金融危機を受けて減り続け、2015年には74年以来、41年ぶりに1桁に落ち込んだ。1973年の外国企業の上場第1号の一社だったダウ・ケミカルも16年に上場廃止となった。

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 7:01
7:00
東北 7:00
7:00
関東 7:01
7:00
東京 7:01
7:00
信越 7:00
7:00
東海 12:52
12:47
北陸 6:02
6:00
関西 16:16
12:27
中国 12:27
7:01
四国 12:27
7:02
九州
沖縄
12:25
6:02

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報