プレス部品世界大手、三重・松阪に工場 最大180人を雇用

2017/2/24 6:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

プレス部品世界大手のゲスタンプ・オートモシオン(スペイン)は23日、三重県松阪市と工場の立地協定を結んだ。加熱してプレスすることで強度が出る鋼板「ホットスタンプ材」を生産し、国内の自動車メーカーへの供給をめざす。2018年上半期の稼働を目指し、最大180人の雇用を計画している。

松阪市嬉野工業団地内の約5.9ヘクタールを取得して工場を建設する。投資額は土地の取得費も含めて総額75億円を見込む。第…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]