/

ハチバン、フードコート向け新業態 ラーメン2分で調理

ハチバンは主力のラーメン店事業で、大型商業施設のフードコート向けの新業態を展開する。既存のチェーン店よりラーメンを素早く調理して提供する。3月24日に開業するイオンモール新小松(石川県小松市)に1号店を設ける。関東への出店も視野に入れる。

店舗名は「8番らーめんEXPRESS」。冷凍麺を使うなどして調理時間を短縮する。1食2分以内で商品を調理し、1時間あたり最大150杯のラーメンを提供できるという。10種類の野菜を220グラム盛りつけたラーメンを主力商品にする。

小松の1号店では2~7人の店員を配置し、初年度に約1億円の売り上げをめざす。関東への展開も視野に入れており「2017年度中に最低1店は出店したい」(マーケティング室)としている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン