/

この記事は会員限定です

職務発明に報奨手厚く 三菱電機は上限撤廃

トヨタは基準緩和

[有料会員限定]

社員が仕事で生み出した「職務発明」への報奨金を拡充する動きが広がってきた。三菱電機は社外で高く評価された社員に上限を設けず支払う制度を検討。トヨタ自動車は上限額を2割引き上げ、支給基準も緩める。人工知能(AI)やあらゆるモノがネットにつながる「IoT」を巡り、国や業種をまたぐ人材争奪は激しくなる。国際競争で勝つには、優秀な人材のやる気を喚起する工夫が欠かせない。

三菱電機は4月に特許出願・登録時の報奨金を現行の2倍に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り859文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン