/

この記事は会員限定です

イオンの今期、金融事業の営業益9%増 セブン&アイも好調

[有料会員限定]

小売企業の金融事業が拡大している。イオンの2017年2月期の金融事業の営業利益は599億円と、前期に比べ9%増えそうだ。クレジットカード会員や住宅ローン利用者の増加で手数料収入が増える。消費低迷で採算が悪化する総合スーパーを補う。コンビニATMが好調なセブン&アイ・ホールディングスも5%増益を見込む。

イオンの営業利益に占める金融事業の割合は今2月期で31.5%と、前期から0.4ポイント上昇する。3年前に比べると7.7ポイントも高い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り366文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン