/

京セラ社長に谷本氏 成長路線への転換めざす

京セラは20日、谷本秀夫取締役(56)が4月1日付で社長に就く人事を発表した。山口悟郎社長(61)は会長になる。2017年3月期に2期連続の減収減益見通しとなるなど厳しい業績が続く中、主力のファインセラミック部品事業を率いた谷本氏に成長路線への転換を託す。

京セラの次期社長に決まり、記者会見する谷本秀夫取締役(20日午後、京都市中京区)

谷本氏は電子機器などに使うファインセラミック部品分野で生産技術畑を歩んだ。「事業間の連携を強化し、相乗効果を発揮させたい」と語った。

同社は携帯端末や太陽光パネル事業が不振で、山口社長が構造改革を進めてきた。谷本氏にとっては企業買収などで成長戦略を加速する役割が求められる。

久芳徹夫会長(63)は4月1日付で取締役相談役に退き、6月の株主総会で取締役を退任する。創業者の稲盛和夫氏(85)は名誉会長にとどまる。

 谷本秀夫氏(たにもと・ひでお)82年(昭57年)上智大理工卒、京都セラミック(現京セラ)入社。16年取締役。長崎県出身。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン