/

この記事は会員限定です

オンキヨー、AI家電に100億円投資 20年度に売上高400億円

[有料会員限定]

オンキヨーはAI(人工知能)を活用した新型家電を相次ぎ発売する。第1弾として、話しかけると音楽再生や天気確認などができるスピーカーを今夏以降に米国で発売予定。家庭で映画や音楽を楽しめるシアターシステムも開発中だ。成長が見込まれる「AI家電」と呼ぶ製品の開発に最大100億円規模を投じ、2020年度までに同分野で年400億円の売り上げを狙う。

開発中のAIスピーカーは、米アマゾン・ドット・コムの音声アシスタント...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り223文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン