/

この記事は会員限定です

永守氏次男経営のVB、トヨタなどが出資 対話型ロボAI開発

[有料会員限定]

日本電産の永守重信会長兼社長の次男が代表取締役を務めるロボット関連のベンチャー企業(VB)にトヨタ自動車などが出資するファンドが出資した。同社は調達資金で開発中の対話型ロボットに搭載する人工知能(AI)の技術を強化、世界で10万台の販売を狙う。

このロボットVBはMJI(東京・港)。トヨタなどが出資する「未来創生ファンド」などから5億6400万円を調達した。MJIは永守会長の次男、永守知博...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り186文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン