インド後発薬、米で苦戦 値崩れで大手4社中2社減益
10~12月決算 トランプ氏の政策も不安

2017/2/16 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

インドの後発薬大手が主戦場の米国市場で苦戦している。最大手サン・ファーマシューティカル・インダストリーズが14日発表した2016年10~12月期決算は米子会社の不調が響き、5四半期ぶりの減益となった。ドクター・レディーズ・ラボラトリーズも6%の減収。背景には競争の激化による後発薬の値下がりがある。トランプ米大統領の政策にも不安があり、各社は試練に直面している。

「今後数四半期で改善すると思う」。…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]