/

この記事は会員限定です

地銀にAIシステム提供 新生銀グループ、審査や来店予測

[有料会員限定]

新生銀行グループは地方銀行などを対象に、人工知能(AI)を活用した融資や来店予測などができるシステムを提供する。自前のシステム構築には費用や手間がかかるため、一定の需要が見込めると判断した。

子会社の新生フィナンシャルとデータ分析を手がける「グリフィン・ストラテジック・パートナーズ」が設立した「セカンドサイト」(東京・千代田)がシステムを提供する。池田泉州銀行が導入するほか、保険会社や人材紹介業者、不動産...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り320文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン