/

「NISAに適した投信」、R&Iが156本選出

格付投資情報センター(R&I)は10日、少額投資非課税制度(NISA)を使った資産運用に適する投資信託を発表した。リスクや手数料などの観点から156本を選んだ。投資の初心者向けにホームページなどで情報提供する。

投信の選出は「NISAの日」(2月13日)に合わせた企画で、今年で2回目となる。長期の資産形成を後押しするNISAの利用を促すねらいがある。

選定にあたり「年に複数回分配しない」などの条件をつけたほか、日経平均株価などに連動するインデックス型は除いた。日本株投信のほか、国内外の株式や債券に分散投資する「バランス型」が多かった。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン