/

凸版、4~12月期純利益18%増 医薬品向け包装材伸びる

凸版印刷が10日発表した2016年4~12月期の連結決算は純利益が前年同期比18%増の174億円だった。利益率の高い医薬品向け包装材が好調。株の売却益など特別利益を176億円計上し増益幅が大きくなった。

売上高は1兆532億円と4%減った。雑誌やチラシなど紙媒体の印刷物が減少した。公立学校の教科書改訂がなかったのも響いた。

一方、高齢化を背景に薬を包む包装材は伸びた。医薬品包装材をつくるには衛生基準の認定を受ける必要があり、一定の生産能力を持つ企業は限られる。このため高い単価を維持でき、利益の押し上げ役になった。米国で海外初の工場が稼働した効果も出て、全体の営業利益は7%増の278億円になった。

17年3月期通期は売上高が前期比2%増の1兆5100億円、純利益は32%減の240億円になるとみている。財務健全化の費用などを計上する可能性がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン