/

この記事は会員限定です

車の運転、AI使い評価 目の動きや反応時間測定 教習所に販売

[有料会員限定]

自動車教習所や介護施設運営のオファサポート(宮崎市)は人工知能(AI)を使った自動車運転評価システムを開発、年内をめどに実用化する。コンピューターに機械学習させた模範走行と比較するとともに、宮崎大学と共同開発した装置で視野や眼球の動きも測定し、運転能力を評価する。高齢者による交通事故が増えており、全国の教習所へ外販を計画する。

「SDAP(スマート・ドライビング・アセスメント・プログラム)」と呼ぶ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り636文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン