/

この記事は会員限定です

野党共闘占う「脱原発」 民進、稼働ゼロ前倒し検討

[有料会員限定]

民進党が次期衆院選に向け「脱原発」を旗印にした安倍政権への対立軸づくりを模索しはじめた。旧民主党政権で打ち出した「2030年代に原発稼働ゼロ」の目標を前倒しする新案の骨格を3月の党大会で公表する考えで、脱原発をテコに停滞する野党共闘を前進させる狙いだ。ただ党内に慎重論も根強く、政権復帰を見据えた現実論との間で揺れている。

原発政策の責任者は党エネルギー環境調査会長の玄葉光一郎氏。先月末以降、調査会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1031文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン