/

この記事は会員限定です

松阪牛・養殖ブリ…三重の農水産品の輸出広がる

[有料会員限定]

中部の水産・畜産品を海外輸出する動きが広がっている。水産加工業の尾鷲物産(三重県尾鷲市)は9日、尾鷲産の養殖ブリのベトナムへの本格輸出を始めた。松阪牛の団体は香港と米国に輸出し、店頭などでPRする。日本産の「安心安全」や品質を売りに輸出量の拡大を目指す。

尾鷲物産は中部国際空港(愛知県常滑市)から週1回、自社養殖のブリを生の状態で定期空輸する。はらわたなどを取り除いた状態のものと、切り身の真空パ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り647文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン