2019年7月17日(水)

精神指定医、口頭試問導入へ 不正取得受け厚労省

2017/2/8 23:58
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省の有識者検討会は8日、措置入院の要否などを判断する「精神保健指定医」制度の見直しなどを盛り込んだ報告書を取りまとめた。実際には診療していない患者の症例リポートを提出するなどの不正が続出したことを受け、口頭試問の導入を提案した。今国会に精神保健福祉法の改正案を提出する。

指定医の資格申請の際には、統合失調症など6分野8症例以上のリポート提出が必要。だが、2015年に聖マリアンナ医科大病院の医師が症例を使い回すなど虚偽のリポートを提出していたことが発覚した。その後、厚労省の調査で医師89人の不正が確認された。

検討会は、資格取得の申請者が診療経験をきちんと積んでいるか確認する必要があると判断。リポート提出に加えて口頭試問を導入すべきだと提案したほか、国に対し指導する立場の医師の要件を法令に位置づけるよう求めた。

報告書は相模原市の障害者施設殺傷事件を踏まえ、指定医の新規・更新時の研修内容の見直しも提案した。容疑者が事件前に措置入院し、退院後は通院が必要だったのに治療を中断したためだ。指定医の研修内容には退院後の継続的な支援の取り組み方などを追加すべきだとした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。