/

この記事は会員限定です

マクロミル、3月にも再上場へ ファンド傘下で基盤強化

[有料会員限定]

インターネット調査会社のマクロミル(東京・港)が東京証券取引所に再上場する見通しとなった。週内にも承認をうけ、3月下旬に東証1部に上場する。上場時の時価総額は800億円前後との見方が多い。同社は2014年に上場を廃止しており、株式市場への復帰は約3年ぶり。ファンド傘下で進めてきた経営基盤の強化が軌道に乗り、再上場に踏み切る。

マクロミルは米投資ファンドのベインキャピタルが買収し、上場を廃止していた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り367文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン