長野県内農業法人など、ソバ増産 国産志向やブランド化で

2017/2/8 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

長野県の大規模農業法人などが2017年度にソバを相次ぎ増産する。かまくらや(松本市)は作付面積や面積当たり収量の高い二期作を広げ、生産量を16年度比3割増やす。アースかいだ(木曽町)は土壌改良などにより最大6割増やす計画だ。県産の「信州そば」が外食、小売りの国産化志向や、県内のそばブランド化推進で需要が増えていることに対応する。

農地所有適格法人のかまくらやは、ソバの作付面積が16年度で60ヘク…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]