2018年12月10日(月)

「働き方改革」中部でも 人材確保・生産性向上へ

2017/2/8 7:01
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中部の企業が働き方の見直しに動いている。人員の配置を工夫したり、有給休暇を取得しやすくしたりして労働時間の短縮につなげる。輸出産業を中心に日本経済をけん引する中部地方は人手不足が深刻。優秀な人材を確保し、生産性を高めるためには効率的な職場づくりが欠かせない。

日本特殊陶業は昨年12月に各職場に「働き方改善指数」という独自の指数を導入した。新規業務や合理化した業務など仕事量の増減を指数化してほかの…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報