/

この記事は会員限定です

「働き方改革」中部でも 人材確保・生産性向上へ

[有料会員限定]

中部の企業が働き方の見直しに動いている。人員の配置を工夫したり、有給休暇を取得しやすくしたりして労働時間の短縮につなげる。輸出産業を中心に日本経済をけん引する中部地方は人手不足が深刻。優秀な人材を確保し、生産性を高めるためには効率的な職場づくりが欠かせない。

日本特殊陶業は昨年12月に各職場に「働き方改善指数」という独自の指数を導入した。新規業務や合理化した業務など仕事量の増減を指数化してほかの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1057文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン