/

この記事は会員限定です

武田、大衆薬事業を強化 「アリナミン」中国本土に

[有料会員限定]

武田薬品工業はビタミン剤「アリナミン」などの大衆薬事業を強化する。中国本土にアリナミンを投入するなど海外展開を加速し、国内では検査薬や機能性食品などの商品を増やす。他社との提携やM&A(合併・買収)も積極的に進め、2020年度をメドに大衆薬の売上高を1000億円と16年3月期より2割強増やすのが目標だ。

大衆薬事業の子会社、武田コンシューマーヘルスケアの杉本雅史社長が日本経済新聞の取材に応じた。

武田はアリナミ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り246文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン