/

国内初技術 バイオマス 富士クリーン、多様な廃棄物処理

廃棄物処理の富士クリーン(香川県綾川町)は縦型乾式メタン発酵という技術を国内で初めて採用した大規模バイオマス施設を2018年10月にも同町内で稼働する。従来のバイオマスでは受け入れが難しかった紙類などの乾いたゴミも含め、多様な廃棄物の一括処理とバイオガスへの効率的な活用を目指す。

同社の中間処理施設などの隣接地約6千平方メートルに約36億円をかけてプラントを整備する。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の助成事業に選ばれた。栗田工業がベルギー企業から技術導入した設備の国内第1号となる。

家庭ゴミのほか、食品廃棄物、下水汚泥、紙ゴミなど幅広い種類の産業廃棄物に対応できる。乾いた紙類などと水気を含む廃棄物を組み合わせて含水率を調整後に発酵槽に投入する。発酵残さの水分が少なく排水処理設備が不要。縦型のため省スペースで、残さも取り除きやすい。

1日に76トンの廃棄物を処理し、発生したバイオガスは施設内の発電やボイラー燃料に、発酵残さは隣の中間処理施設の補助燃料に生かす。年間1万トンの二酸化炭素(CO2)削減効果が見込めるという。18年3月に工事を終え、試運転を経て稼働する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン