北大など、悪性度高いがんの位置特定する検査薬

2017/2/5 23:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北海道大学の志賀哲准教授らは放射線などが効きにくい悪性度の高いがん細胞が体内のどこにあるかを特定する手法を開発した。がん診断で使う陽電子放射断層撮影(PET)向けの検査薬を新たに作った。がん組織の中で、酸素が少なく増えやすくなっている領域を見分けられる。その場所により強い放射線を当てるなどすれば、治療効果が高まると期待する。早期の実用化を目指す。

がんの中の低酸素領域は、放射線や抗がん剤が効きに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]