/

この記事は会員限定です

損保ジャパン、老人ホームの保険開発 滞納に備え

[有料会員限定]

損害保険ジャパン日本興亜は老人ホーム事業者向けの保険商品を開発した。入居者が家賃や介護サービスの利用料を滞納した時、事業者に最大300万円の保険金を支払う。初年度100件の加入を目標に置く。老人ホーム事業者の大半を中小が占めるなかで、滞納による資金繰りの悪化を防ぐ保険商品にニーズがあると判断した。

有料老人ホームなどの運営事業者を対象にした保険商品は珍しい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り180文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン