/

この記事は会員限定です

西武HD、所沢駅西口を再開発 複合商業施設を建設

[有料会員限定]

西武ホールディングス(HD)は、傘下の西武鉄道の主要駅、所沢駅(埼玉県所沢市)で周辺の再開発を進める。西口にある車両工場跡地(約5万9000平方メートル)に大型の複合商業施設を建設する。開業目標は2020年半ばで、着手済みの東口駅ビル開発とあわせて駅周辺の魅力を高める。西口開発完了後、1年間で鉄道運賃収入を9億円以上増やす考えだ。

開発するのは、所沢市が進める土地区画整理事業の地区(約8万5000平方メートル)内。車...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り270文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン