/

この記事は会員限定です

香港のファンド、パナホームに抗議文 完全子会社化巡り

[有料会員限定]

パナソニックによるパナホームの完全子会社化計画を巡り、海外ヘッジファンドがパナホームに抗議文書を送っていたことがわかった。香港に拠点を置くオアシス・マネジメントが株式交換の決定過程に問題があったと指摘、適正な比率に見直さなければ法的手段に訴えると明記している。

オアシスが関東財務局に1日に提出した大量保有報告書によると、パナホームの発行済み株式の約5%を保有する。

パナソニックは2016年9月時点でパナホームの発行済み...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り265文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン