/

この記事は会員限定です

小野薬品、米で大型買収検討 5年内に4000~5000億円規模

[有料会員限定]

小野薬品工業の相良暁社長は3日、日本経済新聞の取材に応じ、米国で4000億~5000億円規模の大型買収を実施する方針を明らかにした。今後5年以内をメドとしており、米国進出の足がかりになる中堅製薬会社などを想定し検討を進めていく。小野薬は主力のがん治療薬「オプジーボ」が好調で業績拡大が続く。海外での長期的な成長を狙い、これまで実施してこなかった大型買収に動くことにした。

相良社長は「(米国の医薬品市場では)マイ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り481文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン