2019年6月25日(火)

地銀14行、人民元直接決済に参加 顧客のコスト軽減

2017/2/1 23:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【上海=張勇祥】広島銀行など地方銀行14行は、中国人民銀行(中央銀行)が導入した人民元の国際決済システム「CIPS」に接続する。中国大陸と直接決済できるため、手数料や日数を減らすなど取引を効率化できる。各行は顧客が負担するコストの軽減につなげ、競争力を高める。

CIPSはクロスボーダー人民元決済システムと呼ばれ、海外の金融機関が中国国内の決済システムに直接接続できる。参加するのは広島銀のほか十六…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報