/

この記事は会員限定です

地銀14行、人民元直接決済に参加 顧客のコスト軽減

[有料会員限定]

【上海=張勇祥】広島銀行など地方銀行14行は、中国人民銀行(中央銀行)が導入した人民元の国際決済システム「CIPS」に接続する。中国大陸と直接決済できるため、手数料や日数を減らすなど取引を効率化できる。各行は顧客が負担するコストの軽減につなげ、競争力を高める。

CIPSはクロスボーダー人民元決済システムと呼ばれ、海外の金融機関が中国国内の決済システムに直接接続できる。参加するのは広島銀のほか十六銀行や常陽銀行などで、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り285文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン