/

この記事は会員限定です

鉄鋼メーカー、低品位原料の利用拡大 高品位急騰でコスト削減

[有料会員限定]

鉄鋼メーカーが価格の安い低品位の原料の利用拡大に乗り出す。昨年後半に供給不安の高まった高品位の原料炭や鉄スクラップの価格が急騰する一方、低品位の原料の上げ幅は限られている。各社は新たな設備や技術を活用し、低品位原料の使用増で原料コストの抑制を図る。高炉では海外勢とのシェア争いが続く中、低品位炭の活用が競争力の源泉ともなる。

「鋼材製品で1トンあたり1500円を超えるコスト削減につなげる」。大阪市の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り976文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン