/

この記事は会員限定です

東電、NTTと新会社 通信施設の蓄電池を停電時活用

[有料会員限定]

東京電力ホールディングスNTTが電気の安定供給に向けた新規事業で提携する。NTTが各地の通信用施設に備えている大量の蓄電池を使い、停電発生時にビルや公共施設に電気を送る。東電は福島第1原子力発電所事故のコストが膨らみ、資金捻出のための収益源の確保が急務だ。単独では投資余力に限界があり、NTTとの提携で投資負担を軽くして新分野を開拓する。

ビルなど顧客企業は非常用電源を自前で持つ必要がなくなる。天候により発電量が変わる再生可能...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り738文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン