冥王星 天体衝突で誕生か 東大など、表面の模様解析

2017/1/31 1:05
保存
共有
印刷
その他

冥王星と衛星カロンは、太陽系誕生初期に巨大天体が衝突してできた可能性が高いとの解析結果を、東京大などのチームが30日付英科学誌に発表した。冥王星の表面に広がる褐色のクジラのような模様は、衝突時の痕跡という。

地球と月は、巨大天体の衝突で今の姿になったとの説が有力だ。関根康人・東大准教授(惑星科学)は「太陽系初期には、地球の近くから外縁部まで広い領域で天体衝突が頻発したと考えられる」としている。

チームは2015年に米航空宇宙局(NASA)の探査機ニューホライズンズが冥王星に接近した時に見つかった、幅約300キロ、長さ約3千キロにわたって広がる有機物を含む褐色のクジラ模様の領域に着目。

化学実験やスーパーコンピューターによる計算で、衝突前の原始冥王星に天体が衝突すると零下123度以上の氷が加熱されて50度以上の海になり、アンモニアなどの分子が反応して褐色の有機物ができることが分かった。

計算の結果、原始冥王星に質量がその半分ほどの天体が秒速約1キロで衝突したことによって、現在の冥王星と質量が10分の1のカロンになったと考えられるという。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]