LNG、年初比2割安 スポット価格 供給増意識

2017/1/30 22:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

発電燃料の液化天然ガス(LNG)のスポット(随時契約)価格がアジア市場で下落している。1月上旬の高値に比べ2割弱安い。オーストラリアの設備トラブルが収束、2017年に新設備が相次ぎ立ち上がるため、供給の増加が意識され始めた。日本の電力会社はスポット市場でのLNG調達を増やしており、短期的に電力料金の上昇を抑える可能性もある。

スポット価格は現在、100万BTU(英国熱量単位)8ドル前後で推移して…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]