加賀の鳥インフル 野鳥、新たに1羽陽性

2017/1/31 6:00
保存
共有
印刷
その他

石川県は30日、加賀市内で新たに野鳥のヒシクイ1羽の死骸からA型鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たと発表した。死骸は29日に回収したもので、県家畜保健衛生所の簡易検査で確認した。今後、鳥取大学の確定検査で病性を確かめる。

県は同日、半径10キロ圏の養鶏場などに緊急の立ち入り検査を実施し、約7500羽の家禽(かきん)類に異常がないことを確認した。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]