中皮腫、胆石薬の併用で抑制 兵庫医大がマウスで確認

2017/1/29 23:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

兵庫医科大学 松本成司講師らは、石綿(アスベスト)を吸い込むことで起きる悪性胸膜中皮腫に対し、抗がん剤に胆石の治療薬を併用すると生存率が向上することを、マウスの実験でつきとめた。中皮腫は治療の選択肢が乏しく、予後が良くない。

中皮腫のがん細胞を移植したマウスに、悪性黒色腫に対する分子標的薬のトラメチニブと、かつて胆石の治療に使われた4-MUという薬を1日1回投与したところ、約40日間にわたって…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]