/

この記事は会員限定です

自動運転のAI活用技術開発へ 慶大と東大など新会社

[有料会員限定]

自動運転の基盤となる情報処理技術を開発するため、慶応義塾大学と東京大学の学生・教員が協力する。同分野の技術開発や人材育成を手掛けるティアフォー(名古屋市、竹岡尚三社長)と学生・教員が新会社を設立し、3年後をメドに人工知能(AI)に活用する効率的な仕組みを実用化する。複数の研究・教育機関の知見を持ち寄り、開発のスピードを上げる。

新会社はセキュアエンジン(横浜市)。資本金200万円。慶大博士課程に在...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り333文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン