/

この記事は会員限定です

みずほ銀、東芝を「要注意先」に下げ

[有料会員限定]

東芝への全面支援を掲げる銀行団は、融資先に対するリスク管理とのジレンマに直面している。主取引銀行の一つであるみずほ銀行は27日までに、融資先への判断基準となる債務者区分を「正常先」から1段階下げ「要注意先」とした。他の金融機関にも引き下げを検討する動きがある。

みずほ銀が東芝の債務者区分を下げたのは「巨額損失が明らかになった時点で、正常先のまま位置づけるのが難しくなった」(関係者)ためだ。

債務者区分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り332文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン