/

この記事は会員限定です

アジアニュース 「ビールの次」東南アの陣 サントリーはハイボール

[有料会員限定]

東南アジアでビールに続くアルコール飲料の商戦が熱を帯びてきた。サントリーホールディングスは日本で成功した「ハイボール」によるウイスキーの拡販に乗り出し、地元勢も蒸留酒のソーダ割りや自国産のワインを売り込む。各国の酒類市場では低価格品を中心としたビールが7割以上を占めるが、所得の増加に伴い、より高価な「ビールの次」の酒類消費が拡大していきそうだ。

シンガポールにある屋台街「ティンバープラス」。夜、若...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1203文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン