/

着物カバーで飾る地酒 豊島屋本店、免税品を発売

酒類販売の豊島屋本店(東京・千代田)は羽田空港と成田空港の国際線ターミナル限定で着物カバー付きの地酒免税品を発売した。西陣織を瓶にかぶせて飾れるようにし、飲み終わっても日本らしさを楽しんでもらえる土産品にした。

羽田空港ターミナルを運営する日本空港ビルデング、飲料ボトルカバー販売のマイアックス(同・新宿)と共同で訪日外国人向けに企画した。地酒は豊島屋酒造(東京都東村山市)が製造した「金婚 純米吟醸 和想」。500ミリリットルで7000円。羽田、成田両空港の免税店5店舗で販売する。

豊島屋本店は昨年も羽田空港で免税商品「ミニたる酒」を発売した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン